カテゴリ:未分類( 3 )

 

9月26日アルカンヘル「サンブラ5.1」

ミハス、ラ・ラグーナ劇場での公演は、ウエルバ生まれ、ミゲル・ポベーダとともに若手カンタオールの牽引力となった歌い手、アルカンヘルによる、マノロ・カラコールへのオマージュ。

少年カラコールの1922年グラナダのコンクールで歌った曲、シギリージャ、ソレア、サエタをなぞる第1部、
40年代のカラコールの主なレパートリー、ファンダンゴス、アレグリアス、ブレリアスを歌う第2部
そして50年代の彼のレパートリーである、サンブラ、マラゲーニャなどを歌う第3部。
a0108073_2175285.jpg
(オフィシャル写真)
これが休憩なしで流れるようにすすんでいくのだ。合間にはビデオがはさまれる。
そのビデオのなかには、アルカンヘルと公私ともに仲の良いエストレージャ・モレンテの夫、ハビエル・コンデが闘牛場でムレタさばきをみせるものも。

アルカンヘルの歌唱力についてはいまさら書くべきこともないかもだが、しょっぱなのシギリージャからしておおむこうをうならせるのはさすが。
音程のよさはもちろんだし、とくにリガール(音と音をつなぐ)のセンスがすばらしい。

ギター伴奏はミゲル・アンヘル・コルテスとダニ・メンデスの二人。
彼らが交代で登場する。ゲストのダンサー、パストーラ・ガルバンのアレグリアス、サンブラが絶品。とくにバタ・デ・コーラのアレグリアスは華丸もん。

最後は自らの声やパルマスをサンプリングしてかさねていくシギリージャ。
これもお見事!のひとこと。

ZAMBRA5.1
Cante ;Arcangel
guitarra; Miguel Angel、Dani Mendez
percusión; Chico Fargas
piano; Dorantes
Baile; Pastora Galvan

Málaga en Flamenco 07 Siete nuevas producciones
26 de septiembre, 21:00, Teatro Las Lagunas Mijas
[PR]

by kiokos | 2007-09-28 00:46  

9月24日「フラメンコ XXI オペラ・カフェ・イ・プーロ」第2部

往時のセビージャを描写する旅行記の朗読をコンテンポラリー風に踊ってはじまる二部も充実。
ハシント・アルマデンの録音で踊ったラ・カーニャは、ピラール・ロペスが映画「フラメンコの神秘と魔性」で、アレハンドロ・ベガとパレハで踊っているもので、フラメンコ舞踊のお手本とでもいうべきもの。
そのカーニャがマルティネーテやペピータ・ヒメネスと交差しながらすすんでいくという構成もなかなか洗練されている。
a0108073_19224475.jpg


第一部のグアヒーラ同様、三人の男性舞踊手によるファルーカもすばらしい。
a0108073_19351182.jpg


ニーニャ・デ・ロス・ペイネス、マヌエル・バジェーホ、ニーニョ・リカルドの3人をフューチャーしたシーンでは
a0108073_19481451.jpg

タランタをコンテンポラリーで踊るのもいい。

マイルス・デイビスにのせての全員での群舞。そしてマノロ・カラコールのサンブラによるフィナーレ。
a0108073_19522070.jpg
a0108073_19545855.jpg
a0108073_1956827.jpg
a0108073_19563424.jpg
a0108073_2002083.jpg
a0108073_2015518.jpg
a0108073_2010563.jpg

最後のマルティネーテは、マイレーナ.カラコール、タレガの歌の音程までしっかりあっているのにびっくり。
フラメンコをあいしてやまない、ラファエルと、バレエダンサーも脱帽の見事なテクニックと表現力をもつナニは、今回もヘレスに引き続き、やってくれました。
しっかりと基礎をみにつけ、踊りで表現したいという気持ちに満ちたダンサーたち。
これはもうスペイン国立バレエ団以上の存在だ。
彼らの公演があちこちでみることができるようになりますように。

Flamenco XXI ; Öpera, Café y Puro
baile; Antonio Ruz, Concha Jareño, Rafael Estévez, Nani Paños,Gala Vivancos, Moisés Navarro, Encarnación López, Raquel Lamadrid, David Coria, Cristian Lozano, Laura Rozalén,Älvaro Paños, Rosana Romero, irene Lozano

Málaga en Flamenco 07 siete nuevas producciones
24 de septiembre 21:00 Teatro Las Lagunas, Mijas
[PR]

by kiokos | 2007-09-26 20:18  

マラガ・エン・フラメンコ07

マラガ・エン・フラメンコをご存知ですか?

直訳すると、フラメンコの中にあるマラガ。
これはマラガで行われるフラメンコのフェスティバルなんです。
マラガ県主催で、05年にはじまったこのフェスティバル、2年に1度の開催です。
別名マラガのビエナル。

ビエナルといえば、1980年にセビージャ市主催ではじまった
ビナエル・デ・フラメンコを思い出す人もいるでしょう。
スペイン語でビエナルとは二年に一度という意味。イタリア語のビエンナーレと一緒。
なんでマラガのビエナルというのも正しい言い方なんです。
そうこれは2年に1度、開催されるフラメンコのメガフェスティバル。
第一線のアーティストから地元マラガの新人たちまで
さまざまなアーティストによる公演が予定されています。

このブログでは今日からはじまるそのフェスティバルの模様を
逐一お伝えしていくつもりです。
それでは今日から9月30日の閉幕まで
どうぞよろしくお願いします。

なおプログラムは以下の通りです。
◆第2回マラガ・エン・フラメンコ
8/25(土)21時「フアン・ブレーバからマリア・サンブラーノへ」
[出]〈c〉エンリケ・モレンテ
[場]ベレス・マラガ コンスティトゥシオン広場
[料]22ユーロ
8/26(日)20時「プエルタ・アデントロ」
[出]〈b〉アントニオ・エル・ピパ
[場]ミハス ラグーナ劇場
[料]16、22ユーロ
8/27(月)21時「ジョ・ノ・セ・ラ・エダ・ケ・テンゴ」
[出]〈b〉カレーテほか
[場]マラガ カノバ劇場
[料]16ユーロ
8/28(火)20時「カマロネアンド」
[出]〈g〉トマティート他
[場]マラガ パロ海岸
[料]22ユーロ
8/29(水)20時「シエテ・デ・パコ」
[出]〈piano〉チャノ・ドミンゲス、〈fl,サックス〉ホルヘ・パルド〈bajo〉カルロス・ベナベン 〈perc〉ティノ・ディ・ジェラルド〈c〉チョンチ・エレディア
[場]マラガ パロ海岸
[料]22ユーロ
8/30(木)20時「ウナ・エストレージャ」
[出]〈c〉エストレージャ・モレンテ
[場]マラガ パロ海岸
[料]22ユーロ
8/30(木)23時「ラ・レポンパ70」
[出]〈c〉ラファエラ・レジェス、アンパーロ・エレディア他
[場]マラガ ヒブラルファロ城
[料]16ユーロ
8/31(金)20時「フェステホ」
[出]〈perc〉ルベン・ダンタス、他
[場]マラガ パロ海岸
[料]22ユーロ
8/31(金)23時「バルカス・デ・プラタ」
[出]〈c〉エンカルニータ・アニージョ
[場]マラガ ヒブラルファロ城
[料]16ユーロ
9/1(土)20時「カバジェーロ」
[出]〈g〉ダニエル・カサレス
[場]マラガ サラ・ファリャ
9/1(土)20時「カバジェロ」
[出]〈g〉ダニエル・カサレス
[場]マラガ サラ・ファジャ
[料]16ユーロ
23時「ラ・ボス・デ・アグア」
[出]〈c〉マリナ・エレディア
[場]マラガ ヒブラルファロ城
[料]16ユーロ
9/2(日)20時「オチョ・テリトリオス」
[出]〈c〉ヘマ・ヒメネスほかアンダルシア8県の若手
[場]ミハス ラグナ劇場
[料]16、22ユーロ
9/3(月)21時「トレス・ムヘレス」
[出]〈c〉アルヘンティーナ、カルメン・グリロ、〈b〉パストーラ・ガルバン
[場]マルベージャ 市立劇場
[料]11、16ユーロ
9/4(火)23時「アンダンド・エル・カミノ」
[出]〈c〉カリスト・サンチェス
[場]マラガ ヒブラルファロ城
[料]16ユーロ
9/5(水)23時「イベリア組曲」
[出]〈g〉フアン・マヌエル・カニサーレス
[場]マラガ ヒブラルファロ城
[料]16ユーロ
9/6(木)21時「フラメンコ協奏曲」
[出]〈g〉ぺぺ・ロメーロ、マラガ交響楽団
[場]マラガ セルバンテス劇場
[料]6〜22ユーロ
9/6(木)23時「カントス・デ・エスパーニャ」
[出]〈c〉エンリケ・バサガ、ロシオ・バサン
[場]マラガ ヒブラルファロ城
[料]16ユーロ
9/7(金)20時「ポル・エル・デシル・デ・ラ・ヘンテ」
[出]〈b〉ロシオ・モリーナ〈c〉ダビ・ラゴス、他
[場]アンテケーラ エル・トルカル
[料]22ユーロ
9/7(金)23時「ポル・ロス・カミノス・ケ・バン」
[出]〈c〉ミゲル・ポベーダ〈g〉フアン・カルロス・ロメーロ
[場]アンテケーラ サンタ・マリア 学校
[料]22ユーロ
9/8(土)20時30分「ポル・ロス・シエテ・ドローレス」
[出]〈c〉アントニオ・カニージャスほか*聖週間の音楽
[場]アルチドーナ オチャバダ広場
[料]11ユーロ
9/8(土)24時「メモリア」
[出]〈g〉ミゲル・オチャンド
[場]アンテケーラ 市役所のパティオ
[料]16ユーロ
9/9(日)13時「アグア、エスパシオ、ティエンポ、イ・ピエドラ」
[出]〈g〉ヘラルド・ヌーニェス
[場]ネルハ 洞窟
[料]22ユーロ
9/9(日)20時「ペレ・アンド」
[出]〈c〉エル・ペレ
[場]ミハス ラグナス劇場
[料]16、22ユーロ
9/10 (月)20時30分「クアンド・ジェガ・ラ・ノーチェ」
[出]〈c〉マイテ・マルティン
[場]アルダレス パンタノ・デル・グアダルオルセ
[料]22ユーロ
9/11(火)21時「エントレ・ドス・ルセス」
[出]〈c〉カルメン・リナーレス
[場]フエンヒローラ ソアリ城
[料]22ユーロ
9/12(水)21時「セイス・デ・バイレス」
[出]〈b〉ベレン・ロペス、マヌエル・リニャン、マルコ・フローレス、メルセデス・ルイスほか
[場]マラガ セルバンテス劇場
[料]6〜22ユーロ
9/13(木)21時「エル・アルマ・コンパルティーダ」
[出]〈g〉マノロ・サンルーカル
[場]マラガ サラ・ファリャ
[料]11、16ユーロ
9/14(金)20時「クアトロ・イマへネス」
[出]〈c〉ラ・トレメンディータ、ヘスス・メンデスほか
[場]マルベージャ 市立劇場
[料]11、16ユーロ
23時「フラメンコス・デ・ラサ」
[出]〈c〉ラ・スーシ、ディエゴ・アマドール
[場]ミハス ラグーナス劇場
[料]16、22ユーロ
9/15(土)13時「ポニア・アイ・ポル・マラゲーニャス」
[出]〈c〉ボネラ・イーホ、クーロ・ルセーナほか
[場]ロンダ エスピネル劇場
[料]16ユーロ
9/15(土)18時07分「ア・ラス・シエテ・エン・プント・デ・ラ・タルデ」
[出]〈b〉マノレーテ、ハビエル・バロン、イサベル・バジョン、ラファエル・カンパージョ、ロシオ・モリーナ〈c〉チャノ・ロバート、カルメン・リナーレス、カリスト・サンチェス、エル・ペレ〈g〉マノロ・フランコ、他〈c〉ア ントニオ・デ・カニージャス、他
[場]ロンダ 闘牛場
[料]22,27ユーロ
9/15(土)23時「シエテ・ギターラス」
[出]〈g〉エンリケ・デ・メルチョール、アルフレド・ラゴス、アントニオ・レイ、ホセ・マヌエル・レオン、他
[場]ロンダ ペドロ・ペレス・クロテット広場
[料]16ユーロ
9/16(日)20時「マラガ・バイラオーラ」
[出]〈b〉ラ・ルピ、ソレーラほか
[場]マラガ セルバンテス劇場
9/17(月)21時「シンコ・センサシオネス」
[出]〈b〉ダニエル・ナバッロ〈g〉ハビエル・コンデ、〈c〉マリア・トレド、他
[場]マラガ セルバンテス劇場
[料]11、16ユーロ
9/18(火)21時「デ・エントレ・ラ・ルナ・イ・ロス・オンブレス」
[出]〈b〉ラ・モネータ
[場]ミハス ラグーナス劇場
[料]16ユーロ
9/19(水)21時「シエテ・ムンドス」
[出]〈perc〉フアン・カルモナJrほか
[場]ミハス ラグーナス劇場
[料]11、16ユーロ
9/20(木)21時「コン・ソレーラ」
[出]〈g〉セラニート
[場]マラガ サラ・ファリャ
[料]11、16ユーロ
9/21(金)20時「ベンテ・トゥ・コンミーゴ」
[出]〈c〉ルイス・ペルディゲロ
[場]アロラ セルバンテス劇場
[料]16ユーロ
9/21(金)23時「エル・ヒタニート・エスキソフレニコ」
[出]〈b〉ハビエル・バロン〈c〉ホセ・バレンシア〈g〉ダニエル・メンデス他
[場]ミハス ラ グーナス劇場
[問]16、22ユーロ
9/22(土)22時
[出]〈g〉パコ・デ・ルシア
[場]マラガ 闘牛場
[料]16、32ユーロ
9/23(日)20時「エレス・デ・ラ・マル・エストレージャ」
[出]〈c〉カンカニージャ・デ・マルベージャ、エバ・ドゥランほか
[場]マラガ セルバンテス劇場
[料]6~22ユーロ
9/24(月)21時「フラメンコXXIオペラ・カフェ・イ・プーロ」
[出]〈b〉ラファエル・エステベスほか
[場]ミハス ラグーナ劇場
[問]16、22ユーロ
9/25(火)21時「カディス」
[出]〈b〉エル・フンコ,マリア・ホセ・フランコ、アナ・サラサール、ロサリオ・トレド、〈c〉ダビ・パロマール、マリアーナ・コルネホほか
[場]マラガ セルバンテス劇場
[料]6〜22ユーロ
9/26(水)21時「サンブラ5.1」
[出]〈c〉アルカンヘル
[場]ミハス ラグーナス劇場
[料]16、22ユーロ
9/27(木)20時「シエテ・マレス」
[出]〈g〉アントニオ・ソト、〈c〉ボネラ・イーホ、県立オーケストラほか
[場]マラガ サラ・ファリャ
[料]11、16ユーロ
9/27(木)~30(土)21時(最終日のみ20時)「フラメンコ・パラ・ラ・トラビアータ」
[出]〈劇団〉クアドラ
[場]マラガ カノバス劇場
[料]16ユーロ
9/28(金)20時「トリホス・エル・バリエンテ」
[出]〈c〉アンドレス・ロサーノほか
[場]フエンヒローラ ラ・パス宮殿
[料]16ユーロ
9/28(金)23時「デ・ラ・アンダルーサ・モラガ」
[出]〈b〉ミラグロス・メンヒバルほか
[場]マルベージャ 市立劇場
[料]16ユーロ
9/29(土)21時「エル・フィナル・デ・エステ・エスタド・デ・コサス」
[出]〈b〉イスラエル・ガルバン
[場]ミハス ラグーナス劇場
[料]16、22ユーロ
9/30(日)20時「メモリアレス」
[出]〈c〉アントニオ・デ・カニージャス、〈b〉ペピート・バルガスほか
[場]マラガ セルバンテス劇場
[料]6〜22ユーロ

[問]http://www.malagaenflamenco.com
前売り www.elcorteingles.es
[PR]

by kiokos | 2007-08-25 20:15